セラミックで歯を白くする

セラミックで歯を白くする

虫歯の治療の際に、銀歯を使用せずに、セラミックを使用したら、虫歯の治療痕が全く目立たない。
自分の歯とまるで見分けがつかない、そんなふうにセラミックに感動した人も多いのではないでしょうか?
セラミックは、虫歯の治療以外に歯を白くする用途で使われる事があります。
例えば歯の色が気になる部分に、セラミックを被せモノとして使用する事で、歯はあっというまに白く見せる事が可能です。

 

セラミックの場合は、ホワイトニングのように持続期間が短いという事はなく、
一度使用すれば、ずっと白い歯をキープする事が出来ます。そして治療期間も短期間で完了します。
ただし、セラミックを使用する場合、デメリットもキチンと把握しておきましょう。

 

 

まず、セラミックの価格は高いため、セラミックで歯を白くしようとすると、
歯を白くする複数の方法の中でも最も費用がかかってしまう計算になります。
またセラミックを装着するために、健康な歯を削る事になります。
健康な歯なら少しぐらい削ってもと思われるかもしれません。
ですが、健康な歯だからこそ、削ってしまう事で強度が失われてしまい、
歯の寿命が短くなる行為をしている事を理解しましょう。
今は見た目重視で歯が白い事が、何よりも最優先したい事かもしれません。
ですが、それは若くて歯が健康な環境におかれているからです。
そしてキチンとケアをしていても、加齢に伴い歯は唾液の量が減り、
口内の雑菌が増える事で、虫歯や歯周病のリスクが増します。
老後の事を考えると、歯を白くするためという理由で、
本当に歯を削ってしまってもいいのか?答えが見えてきますよね。

 

 


このページの先頭へ戻る