歯の代表的なホワイトニング法

歯の代表的なホワイトニング法

歯を白くきれいにする方法を「ホワイトニング」と呼びますが、これには大別すると3つの方法があります。
このサイトではそれらの方法と特徴について情報提供しましょう。
詳しいことは、八王子で審美治療を行っている歯医者にも相談してみてください。

 

3つとは「ホワイトニング剤」「人工の歯」「ホワイトニング剤や人工の歯以外」で白くする方法です。
「ホワイトニング剤」で歯を白くする方法は、効果に個人差があるものの
歯へのダメージもほとんど無いことから最も一般的な方法です。

 

主に3つの方法がある中の1つである「オフィスホワイトニング」は、
歯科医院で薬剤と光照射器を使って施術する方法でわずか一回だけでもかなりの効果があります。
通常3回程度の通院で1回当たりの時間は1時間です。
「ホームホワイトニング」は文字どおり自宅(ホーム)で行うホワイトニングです。
歯科医院のオーダーメイドのマウスピースに薬品を塗布して装着する方法と
市販のホワイトニング剤で行う方法があり、
後戻りの少ない効果的な方法とされています。
これら2つを並行して行うのが「デュアルホワイトニング」です。
短期間で歯を白くすることができるものの費用面で高くなります。
「人工の歯」で白くする方法は、「ラミネートベニア」と呼ばれる歯を削って薄いセラミックのシェルを貼り付けたり、
セラミックやメタルボンドなどの「白い素材のクラウン」を被せたりして歯を白くする方法があります。
治療の期間が短く色が後戻りしないことから芸能人などに支持されています。
「ホワイトニング剤や人工の歯以外」で白くする方法の代表的なものは「歯のマニキュア」で、
歯科医院で歯の表面を薄いプラスチックでコーティングする方法と
市販の歯のマニキュアを自分で塗布する方法があります。
「歯のクリーニング(PMTC)」は専用の機械を使い、

歯科医院で歯の表面の汚れを除去する方法です。
「ウォーキングブリーチ」は神経を取った後の歯の中に、
白くする薬剤を入れて歯を白くする方法です。
まだまだ数多くの方法がありますので、
興味のある人はネットで情報収集してください。


このページの先頭へ戻る