どれくらい続く?ホワイトニングの効果の持続

どれくらい続く?ホワイトニングの効果の持続

汚れてしまった歯の色をホワイトニングで綺麗にするとしても、気になってしまう事としては、
歯を綺麗にした場合、その効果はどのくらい持続してくれるのかという事です。

 

喫煙の着色、飲食による着色など、
歯の汚れを綺麗にして、本来以上の綺麗な色を手に入れる事が出来ますが、
ホワイトニングによる効果の持続は永続的に続くものではありません。

 

効果が長く続くかどうかは、ホワイトニングの種類に加えて、
着色の強さなどによって大きく異なってきます。

 

ホワイトニングと一口にいってもその種類は大きく分けて2種類に分かれます。
1つはオフィスホワイトニングといわれるもので、
これは即効性があり、施術を行った当日からすぐに効果を実感出来るというメリットがありますが、
比較的ホワイトニングの効果の持続時間が長く無いという特徴があります。
この方法による治療は、歯の表面にあるペリクルといわれる皮膜を取り除いてしまう事のため、
やや再着色してしまいやすいところがあります。
そのため、持続時間は3ヶ月程度である事が多いです。
長期的に効果を持続させたい場合には、定期的に治療を行っておく事が必要です。

 

また、もう一つのホワイトニングの方法がホームホワイトニングと言います。
これは、歯が白くなる効果を得られるまでに10日程度の時間を必要としてしまいますが、
オフィスホワイトニングに比較して効果の持続時間が長いという特徴があります。
持続時間は半年から1年程度と長めになっているため、
効果を長く実感したいという場合には、ホームホワイトニングを希望されるのがおすすめです。

 

数ある歯医者さんの中で選ばれているものをお探しであればこちら


このページの先頭へ戻る