歯医者での歯のホワイトニングについて

歯医者での歯のホワイトニングについて

真っ白な歯にしたいと思っている方は非常に多く、
芸能人のような歯になることができる歯医者での歯のホワイトニング治療は人気となっています。
歯が黄ばんでいるだけでほかの方からの印象が悪くなってしまう要因になるのは事実です。

 

そのため、根本となる歯の色の治療をすることで、
より自分自身に自信を持てることができるようになります。
見た目を気にされる方は特に歯医者での歯のホワイトニング治療が良いでしょう。
パークシティデンタルクリニックでは、患者さん一人ひとりの希望にそって、自信を持って笑える歯を目指す手助けをしてくれます。

 

ホームホワイトニングをおこなうという手もない訳ではありませんが、
オフィスホワイトニングに比べると、確実に歯が白くなるという保証はありません。
さらに、時間もかかってしまいます。
結婚式やお見合いといった、
大事な行事に合わせて歯の色を真っ白にしたいと思う方には適していません。

 

しかし、オフィスホワイトニングにも欠点はあります。
効果は個人差がありますが、半年〜1年ほどしか持たないということです。
さらに保険適用外の治療となるため、どうしても出費はかさんでしまいます。
こういったデメリットについてもしっかり頭に入れた上で治療法を考えた方が良いでしょう。

 

喫煙者の方やコーヒーやお茶を頻繁に飲んでいる方は、どうしても黄ばんでしまうこと多いです。
そのまま放置してしまっている方も少なくありませんが、
歯医者でのオフィスホワイトニングをおこなうことで真っ白な歯を手に入れることができます。

 

興味がある方は最初は少しの範囲だけを試してみて、
効果があると思った時には本格的にホワイトニング治療をおこなうという方法があります。

ホワイトニングでどれくらいの効果が得られる?

歯の病気を治療するのではなく、審美的な治療を行われる事も多くあります。
人の歯は、着色の強い飲食を口にしたり、
習慣的に喫煙をしていたりする事でだんだんと色が汚れていってしまいます。
そのとき、本来の綺麗な白色に戻すには、ホワイトニングを行うのが効果的です。

 

ホワイトニングとは、専用のホワイトニング材を使う事で治療が行われます。
他の方法で歯を綺麗にする場合、歯の表面を削る、
あるいは付け歯を表面に付ける事で歯を綺麗にするといった事も行われますが、
健康な歯を削って白くする治療は、歯の寿命を短くしてしまう事に影響します。
それに対してホワイトニングは、歯を削るような事はありませんので、
寿命を縮めてしまう事はありません。

 

ホワイトニングを利用すれば、喫煙や飲食によって着色した歯の色を
綺麗に落とす事が出来るメリットがありますが、
抗生物質のテトラサイクリングによる着色に関しては、
ホワイトニング治療では綺麗に落とす事が出来ないという事もあるため、
そういった際には被せものなどを利用する事で対処する必要があります。

 

また、ホワイトニングによる歯の明るさは、希望によって細かく調整が行えます。
いきなり明るくし過ぎてしまうと不自然に見えてしまう事がありますし、
弱めにしすぎるとさほど違いが分からなくなってしまう事もあります。

 

まず、治療を受ける時には事前に医師に綺麗に落とせる色なのかどうかを確認してもらい、
その後にどのくらい明るい色にすれば良いのか、ご相談されてみるのが良いでしょう。

 

 


このページの先頭へ戻る